»

10月 16

デンタルインプラント

時に人は病気や怪我、老化などで体の調子をくずします、誰もが一度は病院にかかった事があるでしょう。そういった私たちの体に関する悩みを解決するのが医療です、現在、医療はさまざまな進化をとげています。
進化している医療技術は、人の体内に器具を埋め込むインプラントという技術も生み出しました。インプラントは心臓ペースメーカーや骨を固定する為のボルト、美容においては豊胸などさまざまな分野で利用されています。中でもデンタルインプラントと呼ばれているインプラントは、歯科の世界ではとても画期的なものでした。

 
現在、インプラントと言えば、大抵の場合がこのデンタルインプラントを指しています。インプラント治療を受けている人はとても多く、現在はすでに一般的な歯科治療法となっています。
インプラントは、虫歯や歯周病などで失ってしまった歯を人工の歯で補う技術で、固いものも食べられるようになりますし、不快感もない事が多く、第二の永久歯と言われるほど本物の歯に近いものとなっています。人工の歯を利用する入れ歯やブリッジもインプラントと同じ働きをするものですが、インプラントはあごの骨としっかり結びついている事から、義歯というよりは本物の歯のように使用できるものとなっているのです。

 
残存率も高く、インプラント治療から二十年たっても約九十%の確率で残存しているという報告もあります。
歯を失って大変な思いをしていた人たちが、インプラント治療をする事で、とても快適な暮らしを取り戻しています。