«

»

10月 22

インプラント治療

インプラント治療は、普通の虫歯で病院にかかる期間より長くなっています、平均で約三ヶ月から十ヶ月です。
まずは歯の検査から行われます、ここで歯の状態や骨格、かみ合わせなどを調べ、治療方針を決めていきます。インプラント治療に関する相談は、こういったカウンセリングの時にお話しておきましょう。

 
治療方針が決まりましたら、患者さんの同意のもと治療を開始します。一回目の手術では、アゴの骨を削りインプラントを骨に埋め込みます、手術の際に入院の必要はなく、日帰りできます。
その後、インプラントがアゴの骨に定着するまで約二ヶ月から六ヶ月の期間が必要です、この定着させる期間がある為、インプラント治療は時間がかかると言われているのです。
インプラントがアゴの骨に定着したら、二回目の手術です。手術でインプラントの頭を歯茎から出し、そこに人工の歯とつなげる連結部分を装着します。
歯茎の状態が良くなりましたら、人工の歯をかぶせてインプラントの治療は終わりです。

 
また、インプラントの治療を受ける際、虫歯や歯周病がありますと虫歯の治療を先に行います。口内環境は人それぞれで、骨のかたさやアゴの大きさなども治療期間に影響します。人によっては受けられない治療もありますので、医師と相談しましょう。